【レポ】マンダラぬりえ、学校でも使って欲しい @住まいるステーション

あっという間に3月も終わります。

今月は、娘の卒業、受験、息子の卒業、高校の説明会・・・と、目まぐるしく、体感3か月の1か月でした^^;

でもまだそれぞれの入学式を控えているので、気持ちはソワソワ・・・

 

そんな誰もがソワソワしている時期、先日の住まいるステーションさんでの講座には小学校の先生がお越しくださいました。

 

先生もソワソワ。笑

担任されたクラスを3月で手放したかと思えば4月からまた新しい日々がスタートするためこの時期はどうしても心がざわつきますね。

 

一人一人の児童の引継ぎの時は、児童愛が溢れてなかなか終わらないそうです。笑

そんなお話を伺うと、子どもたちは幸せだなぁなんて思いました。

 

マンダラぬりえ

 

 

マンダラぬりえの仕上がりは、今 置かれている状態とたくさんリンクしていました。

作品を眺めてお話ししてくださったことが”答え”に繋がっていました。

 

つい忙しくて見失ってしまう事も、ちゃんと教えてくれているマンダラぬりえ。

そして”自分の言葉で語ること(アウトプットすること)”の大切さを感じました。

 

その人の持つ質を知り 色を活かせば、お互いが幸せ。

一緒にお仕事をする先生方や毎日顔を合わせる児童とのコミュニケーションにも、色を活用して欲しいです。

色の効果をお話しすると、”なるほど”がたくさん!

とても興味を持って聴いてくださったので これからもっとこんなお話ししていこうと私自身も勉強になりました。

 

マンダラぬりえ

 

この色はどんな効果がありますか? この色が好きだとどうですか・・? たくさんお話しさせていただきましたよ。^^

ぬりえそのものに、その人らしさが表れます。

 

マンダラぬりえって、色って、面白いですね!!

と、忙しく固くなっていた気持ちもほぐれて、講座が終わるころにはゆるゆるの笑顔をされていてとっても嬉しかったです!

 

 

是非、教室の片隅に”マンダラぬりえ”をさりげな~く置いてみて欲しいです。

小さめですぐに塗り終わるようなシンプルなもの。

きっと子供たちは何も言わなくても塗ると思います。

マンダラぬりえは、その左右対称の図形が人に安心感を与え、言葉にならない感情を色を使って発散し、気持ちが落ち着くからです。

 

何よりも集中できるし楽しい。 塗り始めると、大人も夢中になっちゃいますから。^^

先生も ぬりえを見てなんとなくその子の事が分かったらいいですよね。

 

児童の気持ちが落ち着いている学校にはマンダラぬりえが置いてある なーんてことになったら面白いな。笑

 

やってみて何か効果が出たら是非教えてください! と言って、講座を終わりました。

 

 

ご参加ありがとうございました。

 

 

 

◆「マンダラぬりえでカラーセラピー」お気軽にリクエストください!

前の記事

3月、ハニーゴールド

次の記事

4月、桜のピンク