あなたの「ブラック度」を暴く講座・・ではありません。 私たちは色彩から快感を得ていることを知って欲しい♪

Photo by Elijah Henderson on Unsplash

 

「ぬりえを塗って、分析をするんです。」

ザックリと講座の説明をさせていただくと、”私の中のブラックな部分が真っ黒な塗り絵を塗りそう~!!”とおっしゃる方が時々います。

そんな時は、”あはは、そうかもしれませんね~♪”と言って脅かしてみたりします。笑 (人を選びますが。)

 

 

私たちは「快感」を求めている

例えば、嬉しい、楽しい、元気な時には明るい服を着たくなりますよね。(”持ってません”とかいうのは無しで。笑)

人によっては声も大きくなったり、高く、明るくなったりするかもしれません。

それは、嬉しい気持ちを色彩(や声のトーン)で表現した状態であったり、その心躍る気持ちを更に高める効果があるからです。

そうすると「心地よい快感」が得られます。

 

では、逆はどうでしょう?

めっちゃ落ち込んでいる時、悲しい時、疲れていて何もしたくない時って、落ち着いた目立たない色を着たくなりませんか?

例えばグレーのジャージなんて、何もしたくない時にぴったりです。笑

それも実は「快感」です。

言葉にならない、苦しさや、悲しさ、何もしたくないという感情を吐き出させてくれる色なのです。

私たちは、どうしたら「快」を得られるのか、どうしたら楽になれるのかをちゃんと分かっているんです。

 

様々な場面で自分と同じ波長のものを選びたい私たち。

そのいわゆる”暗い”色もまた、自分の複雑な気持ちを解放し、「快」の状態にしてくれる色なのです。

 

塗り絵も「快」を与えてくれる

上記のことと、塗り絵に塗られる色は共通しています。

ぬりえに着色することで、その時の色んな感情が呼び覚まされ、発散され、快感を得る。

 

仮に”ブラック(マイナス)な気持ち”があったとしても、それはいけないことではないですよね。 (誰にでもあるし、もちろん私にもあります!!)

逆に、そのブラックな気持ちに蓋をし見ないようにするのではなく、見つけてあげて、受け入れてあげたら、楽になれると思います。^^

それが時に苦しく感じることもあるかもしれませんが、今回はそこは書きません。

 

というわけで、あなたの「ブラック度」を暴く講座ではありませんのでご安心ください。笑

真っ黒に塗っても、真っ赤に塗っても、明るいとか暗いとか、そういう表面的な所はあまり重要ではないのです。

 

 

マンダラぬりえ

 

 

ぬりえを塗っている途中で、突然 ”どうしよう! すごく楽しい! 止まらない!”とおっしゃる方がいます。

自分に必要な色、自分と同調している色を塗ることによって、脳が快感を得ているからです。

これがカラーセラピー体験です!

 

自分に必要な色を自分で選んで塗れるマンダラぬりえは、自ら色で癒すことができるとてもお手軽なツール。

ぜひ、言葉にならない気持ちを、塗り絵にぶつけて快感を得てください♪