映画「アラジン」のジーニーはなぜ青い?

大ヒットしているディズニー映画「アラジン」、観てきました。

最初吹き替え版を観てしまい、やっぱり字幕版も観たくなって昨日は2度目!(同じ映画を2回観たのは実は初めてです。)

レイトショーだったので終わったの0時💦

ご存じの方も多いかと思いますが、アラジンを差し置いて?人気なのがウィル・スミスさん演じるランプの魔人”ジーニー”です。

ジーニーは、過去のアニメでも今回の実写版でも青い色にされていますね。

気になったんですよね・・・ なんで青なのか。笑

aladdin jeene
https://www.disney.co.jp/movie.htmlより

ジーニーの青は、受容性、誠実、権威

ご主人様に尽くす忠誠心を持っていて、決して逆らったり声を荒げたりしません。

本当は自由になりたいけど自分の立場を受け入れているところ。

誠実で、全てを受け止めてくれる深い愛がある。

またアラジンにも誠実であれとアドバイスします。

スラスラと出てくる面白いセリフ(ここはイエローっぽいのか??)、自由に飛び回り、歌とダンスで自分の気持ちを表現するのが上手。

こんな感じでしょうか?

一見気持ち悪い色ですが(笑)、やっぱりジーニーを表現するのは青なのね。 

ジーニーが「赤」であってはいけないなと思いました。

ちなみに、CGで青くしているのだそうです。

ブルーのメッセージ

もし今ブルーが気になる人がいたら、ジーニーのように自由になりたいのかもしれません。

では、あなたが捕らわれているもの(=足かせ)は何でしょう? 何から自由になりたいのでしょう?

こうあるべき、こうしなきゃという思い?

周りの目?

従うのは自分の深い部分の心の声です。

やってみたかったこと(冒険)にチャレンジするのも良いかもしれません。^^

私がやることなら大丈夫 と、”自分を受け入れて、信じて”あげましょう♪


以下は、ジーニーについて検索していた際に見つけた記事。

演じたウィルスミスさんも、ジーニーに青を感じているのが分かりました。

また、ご自身がビッグスターであるということで”捕らわれの身”と感じていた というお話が印象的でした。

◆ウィル・スミスが明かす『アラジン』“青いジーニー”の秘密、大スターとしての葛藤→ https://movie.walkerplus.com/news/article/192712/