ただ やめて良かったです♪という話ではなかったんです

実はファンデーションをやめて3ヶ月経ちます。

ファンデーション歴25年以上。

当たり前のように、外出の予定がない日も、週末も、病気で寝込むような時以外ファンデーションは欠かしたことはありませんでした。

そんな私が脱ファンデするなんて・・・・

make up
Photo by Felicia Buitenwerf on Unsplash

きっかけは、マンダラぬりえの講座でノーファンデを推奨されている方との出会いだったのですが、私よりも”お姉さま”でとてもお綺麗な方。

その方が、「40過ぎたらファンデーションは老ける」と言い放ったのです。笑

素直に真に受けた私は、(同じ化粧品は使えないけど^^;)自分もファンデーションを辞めてみたい!と思いました。

でも、サラッと書いていますが、始めるにはとても大きな勇気がいりましたよ💦

make brush
Photo by Hazel Olayres on Unsplash

最初の頃は裸になったようで恥ずかしくて恥ずかしくて・・・

どスッピンはさすがに無理なので、ファンデーションだけ無しにして、日焼け止めと下地、パウダー、ポイントメイクをしていました。

しばらくしてだんだん肌の状態が良くなってきて、いつからか下地も卒業しました。 これは私の次の大きなステップでした。

今は、日焼け止め、コンシーラーで少し部分補正、パウダー、ポイントメイクです♪ (やっぱりこのくらいはしているのが落ち着きます。)

※ちなみに例のお姉さまは日焼け止めとポイントメイクのみです

Photo by Philipp Berndt on Unsplash

ノーファンデの素晴らしさは、肌が呼吸していると感じること。

この開放感は、始めた初日から感じていましたが、しばらくして気づいたことが。  

肌の呼吸の軽さだけじゃない軽さがある・・・ それは、”隠すもののないことの心の軽さ”に似ているって。

私は、無意識だけど繋がっている気がしました。

accessories
Photo by eleni koureas on Unsplash

ヨーロッパのマダムが平気で二の腕を出し、ゴージャスに飾るのは、自分の衰えを良い意味で受け入れて、その歳だからこそ纏える雰囲気を楽しんでいるからでしょう?(←たぶん)

歳を取るのは仕方のないこと。

だったら、今の自分の状態を受け入れて、その素材を活かしてより良く見える工夫をする。 

しわは無くならないのだから、顔にツヤを出してしわを飛ばす。笑

でも、なんていえばいいのだろう・・ ただやめて良かったです♪っていう話ではなかったんです。

最初は そんなに綺麗になれるならやってみたい♪という軽い気持ちで始めたのですが、やってみると恥ずかしくも心地よさを感じていったんですよね。

それが”秘密を打ち明けた時の心の安堵、開放感”と似ていたのかもしれません。

やってみたら分かります!笑

Photo by Daily Nouri on Unsplash

*

そしてとても不思議なのですが、ファンデーションをやめてから、なぜか周囲から容姿を褒められることが増えました。(肌というより容姿)

なぜかと考えて出した答えは二つ。

一つめは、恐らく私が飾らず自然体で居られているから。

そしてそれを周囲の人が感じ取っているから。 

中身と外見が一致しているのかな? より私らしさが出ているということかな?

二つ目は、単純に肌への負担が減り肌の調子が良くなってくると”もっと綺麗になりたいと”思って更に丁寧に顔を触るようになり、鏡を見る時間が増え、他の事にも気を配るようになる。→更に綺麗になる※

※プロが見たら何とも思わないレベルで。笑 言っておきますが完全自己満足ですよ!

あ、脱ファンデを推奨しているわけではありませんのでご安心くださいね。

ファンデがあるから自信が持てるという考えも分かります! (今までの私なので。) そして私もコンシーラーとパウダーは必須ですし。笑

自分のどこかを解放してあげるとラクになる。 毎日が今までとは違う流れ方をしだして楽しくなる。

今 それを感じている、ここ最近これが楽しい・・・っていうお話でした。


◆個人カラーセッションを始めました。

あなたの解放してあげたいものは何でしょう? 

そのギュッと手に握りしめているものは絶対に必要なものでしょうか? 

疑ってみるのもいいかもしれません。^^ 

menuはこちら(ただ今スタート記念モニター価格です)


◆7/3(水)運気UPカラーでローズウィンドウを作ろう!@新月 は、残席2名様です 

→ http://irojikan.com/20190616-event-colortherapy-and-craft/